団体旅行が復活!?目的のある旅行が人気!|System In House
HOME>Topics>団体旅行が復活!?目的のある旅行が人気!

社員旅行の復活

女性

社内旅行が当然のように行われていた時代が終わり、社内におけるコミュニケーションを取る場が少なったと言われていました。この時代の人たちは上司から強制させるお酒を避ける傾向にあったこともあり、企業側も経費節減を兼ねて丁度良い機会と捉えていたと思われます。しかし最近ではこの社員旅行と言われる団体旅行が復活する気配をみせているのです。

男女

目的意識を持った旅行に

社員同士が行く団体旅行が復活してきた理由には、以前にはなかった目的意識をもった旅行を展開するようになったことです。企業が一番に考えることに、社員同士の交流を深めると言うものがあります。仕事で忙しく会話もままならない社員同士が、時間をかけ交流することで意識改革を期待するとも言われます。会話を持つことで互いに信頼感が生まれ、ポジティブな環境が生まれることになります。その結果として、共同作業を含め連絡が必要なことにおいても良い結果が生まれることになると考えられるのです。

幹事の準備が大事

社員同士が行く団体旅行には、幹事が必要です。旅行が旨く行くのか否かも、この幹事の技量一つと言って良いことになります。旅行する目的に合わせ行く先や宿泊先を探すことになりますが、企業側から与えられた予算の中で上手にやり繰りする必要が出て来ます。どのような経路を使い旅行に出るかでも、その費用は大きく変わることになるのです。交通の便と宿泊先をセットで決めることも大切なことです。宿泊先が決まっても交通手段がないと、行きたくても行くことが出来ないと言うことになります。早めに交通手段と宿泊先を決め、空きの確認をしておくことも幹事の大事な仕事です。

失敗は許されない

団体旅行がうまく行くように、幹事は前回の幹事から情報を取集することから始めます。旅行会社を利用する時には、どこの会社を利用すると良い旅行が出来るかと言った情報集めをします。宿泊先周辺には、どのような観光施設があり費用や時間等を調べることも忘れてはいけません。旅行のテーマに沿った予算を企業と話し合いを持つことになります。イベントを行ったり、宴会を行ったりする時の内容においても決めておく必要が出て来るのです。失敗は許されないため、非常に気を使う仕事になります。幹事のみで旅行の計画が厳しい時には、団体旅行のプランニングを手伝う業者に相談するのもよいでしょう。団体旅行のプランニングに慣れている業者であれば、予約代行や計画代行など、幅広く請け負ってくれます。

広告募集中