【IT企業で広まりつつある採用方法】リファラル採用とは|System In House

採用にお困りの人事担当者の方へ

最近は採用にいい人材が集まらずに困るということが多くあります。その中で注目されているのがリファラル採用です。ここではそんな気になるリファラル採用について解説しています。

リファラル採用についてのQ&A

リファラル採用は縁故採用と違うの?

リファラル採用とは人的ネットワークによって企業の社風にあった候補者を集めてする採用を言います。仕方なくコネで入社する縁故採用とは違います。

企業のメリットは?

採用コストの削減に繋がります。特に会社説明会など大きなイベントを開催すると出張費や開催費が必要になるからです。

どうやって行うの?

簡単な方法としては社員にいい人がいたら紹介して欲しいというのを伝えることです。また、リファラル採用ツールを使うこともおすすめです。

社員の紹介で採用

ビジネス

IT系企業などで最近増加しているのがリファラル採用です。求人媒体に募集広告を掲載したり、人材派遣会社を利用したりする従来の採用方法ではなく、既存の社員に紹介してもらって新たな人材を採用するのが特徴です。

人事費のコストダウン

ビジネス

募集広告を出したり派遣会社に依頼したりする必要がないため、採用にかかるコストを削減できます。これがリファラル採用の第一のメリットと言えるでしょう。紹介した社員にインセンティブを支払う場合もありますが、それでも従来の人事費よりは大幅に安くなります。企業風土に合った人材を採用できるため、高い定着率が期待できることもメリットです。また積極的に求職活動をしていなくても、「良い機会があれば転職したい」と考えている人材を獲得することができます。

インセンティブの支払い

採用が成功したときインセンティブを与えることで、リクルーター役となる社員のモチベーションを上げることができます。ただし不採用になったときは下がる可能性もあるので、事前にしっかりと趣旨説明をしておく必要があります。リファラル採用ツールの役割のひとつは、紹介と採用の実績を一元的に管理し、適切なインセンティブを設定することです。現行制度の費用対効果を測定し、より優秀な人材確保に繋げるという狙いがあります。

一元的な人材管理

従来の採用制度は費用が明確で計算しやすいのに対して、リファラル採用では個人の紹介という曖昧な方式に頼っているため、費用対効果が分かりにくくなっています。また人事評価の方法や採用可否の基準も、必ずしも一元的に管理されていないという弱点がありました。そのため採用される人材が偏ってしまい、企業の新たな成長を阻害してしまうことがあります。こうした問題はリファラル採用ツールを導入することで解決できるでしょう。

広告募集中